トップページ>>学習教室

学習教室

 
2017年08月05日
 「ソーラー工作に挑戦」を行いました。
 オルゴールや風車をソーラーパネルを使って駆動して実験をした後に、ソーラーパネルを使った工作「ソーラーメーリーゴーランド」を作りました。
 この日は天気が悪く、太陽の下で駆動実験はできませんでしたが、かなりのスピードに皆さんびっくりしているのではないか思います。
 たくさんの人が参加してもらい、夏休みの自由研究にぴったりになった思います。
2017年07月08日
 伝統工芸「友禅染」で和風エコ体験を行いました。
 伝統工芸士の先生にお越し頂き、「ぼかし」などの技術を教えてもらいながら、多彩な色を使って、ランチョンマットに花や動物などの模様を染める体験を行いました。
 「ぼかし」は大変難しい技術ですが、きれいなグラデーションをつける参加者もいて、先生が感心されるほどでした。
 
 また、来年も行う予定ですので、皆さんの参加をお待ちしております。

2017年06月18日
「リサイクルフェア同時開催 エコグリーン教室&エコ工作」を行いました。エコグリーン教室は空きビン、スラグ等を利用して、サボテンの植え付けを行い、エコ工作はしおり作り、CDホバークラフト作りを行いました。 
 また、自転車や家具の再生品を販売や、防災・減災の展示等を行い、盛りだくさんの一日になりました。

2017年05月20日
 「地産地消の洋菓子作り」を行いました。
 パティシエールの先生にお越しいただき、体にやさしい卵や添加物の少ない国産の小麦粉、油を用いた洋菓子作りとともに、食の安全性や、地産地消に関するお話を聞いた後、「いちごのタルトケーキ作り」を行いました。地元のいちごや生クリームをふんだんに使いすぎて、生クリームがはみ出している人たちもいましたが、皆さんどれもおいしそうなタルトを作っていました。
 
 講師の先生には、大変お世話になりました。ありがとうございました。
2017年04月08日
 「アルミ缶アートでエコアーティストになろう!」を行いました
 ごみとして出されたアルミ缶を使って、マジックでの色塗りと専用の金槌での模様付けを行い、アルミ缶アート作品を作りました。
 また、今年も「アルミ缶アート作品展」の出展の依頼があり、数名の方が、挑戦されていました。参加された家族の受賞を期待しています。
 花や動物など、人それぞれのアルミ缶アート作品が出来上がり大変貴重な体験になったのではないかと思います。
2017年03月11日
 原木シイタケ作りを行っている先生にお越し頂き、シイタケ栽培農家のお話を聞き、シイタケ菌の植え付けを行いました。
 シイタケとは何なのか、どうやってできるのかなどを学んだり、菌駒を植え付けたりと、貴重な体験をすることができました。
 その後の栽培は先生(プロ)にお願いして、収穫ができる時期が来ましたら原木をお渡します。また時期が来ましたら連絡致します。
 今回の教室に関して、長谷川先生には、たいへんお世話になりました。ありがとうございました。
2017年02月04日
 「和菓子でエコを再発見!パート7」を行いました。
 和菓子店主の先生にお越し頂き、地産地消や食べ物を”いただく”ことの意味等のお話と、実際の体験では、スプーンを使って細工をほどこした‘バラの花’の練り切り、愛知県産のいちごといちご餡を使用したいちご大福を作りました。
実際に体験してみると、とても難しかったですが、貴重な体験になったと思います。

 今回の教室開催に際しても老舗有名和菓子店の野田先生に大変お世話になりました。ありがとうございました。
2017年01月14日
 「ガラスビンエッチング」を行いました。
 当組合オリジナルプログラムの一つで、ビンの種類や処理などについて説明のうえ、その後、エッチングの作業を行いました。
 あいにくの天気で、参加者は少なかったですが、今回も昨年と同様に手書きにも対応し、皆さん好きな模様でエッチングを行いました。また、こちらで用意したガラスビンの他に、手鏡を持って来ている家族もあり、貴重な体験が出来たのではないかと思います。
 リユースを身近に感じるプログラムだと思いますので、来年の参加をお待ちしております。
2016年12月10日
 「木の実を使ったクリスマス飾り」を行います。
 「トロッケン」は乾いた、「ゲビンデ」は結ぶというドイツ伝統工芸の「トロッケンゲビンデ」という手法で、松ぼっくりなどの木の実、ブリザードモス、シナモンなどを使用して、クリスマス飾りを行いました。
 飾りつけは各自好きなように飾りつけを行ったので、いろいろなクリスマス飾りができ、貴重な体験になったと思います。


2016年11月12日
 “伝統的「座布団」作り”を行いました。
 卓越した技術をお持ちの布団屋さんから「綿入れの技術」や綿のもつ長所について教えていただき、また、実際にお手本を拝見しながら、綿入れまでの工程を各自行いました。
 先生のを真似て作るのは難しかったですが、綿花と種を分ける綿繰りも体験でき、貴重な1日になった思います。 

 また、教室終了後に、昨年度3月におこなった「原木しいたけ作り」の配布を行いました。

22ページ中4ページ目を表示(合計:213件)
[前のページ次のページ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22]

もどる

このページのトップへ